翻訳会社 航空券 映画 - 情報メモ
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山美穂 サヨナライツカ

12年ぶりの主演映画「サヨナライツカ」(イ・ジェハン監督)の公開が決まった
女優の中山美穂さん(39)が27日、東京都内で同映画の完成報告会見に登場した。

中山美穂さんは、あいさつして「カメラがたくさんある場所に出るのが久しぶりで、ものすごく緊張しています」といい、「(結婚出産を経て)生きてること自体で世界とかかわってるんだと思えるようになった」と話したそうです。

75年のタイ、バンコクで美ぼうと金と愛に恵まれて生きてきた沓子(中山さん)がエリートサラリーマンの豊(西島さん)と出会い、恋におぼれていくという物語。
沓子は、豊に婚約者(石田さん)がいることを知りながら、豊を愛し続けることを決め、2人は25年後のバンコクで運命の再会をするという・・・・・・。

主題歌は中島美嘉さんの「ALWAYS」です。




中山美穂




スポンサーサイト

渡辺謙 沈まぬ太陽

作家・山崎豊子の長編小説を原作にした映画『沈まぬ太陽』が24日、公開初日を迎えた。
都内で主演の俳優・渡辺謙はじめ作品ゲストによる舞台あいさつが行われた。

原作の小説は、現在、経営再建で揺れる日本航空の内部対立や1985年8月の日航機墜落事故などをモデルにしていて、当初から物議を醸した問題作である。

渡辺謙さんが演じる主人公は、昭和30年代に巨大企業「国民航空」で労働組合委員長を務めたことで10年におよぶ海外勤務を命じられ、本社への復帰後も不遇の日々が続く中にも、沈みゆく“太陽”に象徴される希望を見出すという話。




渡辺謙


松本人志 しんぼる

お笑いコンビ「ダウンタウン」の(46)が監督した2作目の映画「しんぼる」が9日、話題作を公開する「ガラ・プレゼンテーション部門」で上映され、一般ファンや韓国メディアなどから絶賛された。
「韓国の人は映画に対してまじめやと思う。やりがいがありましたね。吉本興業は、はんにゃでもうけて映画で使ってほしい」と笑顔でコメントした。




松本人志

笑う警官 試写会

映画「笑う警官」(11月14日公開)の完成試写会が29日、東京・新宿バルト9で行われ、製作・監督・脚本の氏(67)が「150万人動員しなかったら映画をやめる」と映画界からの引退を覚悟していることを明らかにしたそうです。

角川春樹句会手帖



角川春樹


中山美穂 映画

女優のさん(39)が12年ぶりに主演する映画
「サヨナライツカ」(イ・ジェハン監督)の公開日が10年1月23日に決まった。

12年ぶりの映画出演で、夫で作家の辻仁成さんの恋愛小説、「私の頭の中の消しゴム」で知られるイ監督が映画化した作品。愛に生きる女性を演じる。

「サヨナライツカ」は、75年のタイ・バンコクで、美貌(びぼう)もお金もあり、愛されることを求め生きてきた沓子と、結婚を控えたエリートビジネスマン・豊が出会い、たちまち引かれ合う。
期限ある恋に沓子は、たとえこの恋がかなわないとしても自分は彼を愛し続けると心に誓い、2人は25年後に運命の再会を果たす。というラブストーリーである。




中山美穂


情報メモ」の先頭へ
フリーエリア


リンク
お気に入り
My Yahoo!に追加 Add to Google テクノラティのお気に入りに追加する
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング

lalakikilala

Author:lalakikilala
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
お気に入りを探す

↓商品を探したいときはこちらからどうぞ↓





最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。