翻訳会社 航空券 押尾学 - 情報メモ
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押尾学 有罪判決

合成麻薬MDMAを飲んだとして、麻薬取締法違反(使用)罪に問われた元俳優、押尾学被告(31)の判決公判が東京地裁で開かれた。
井口修裁判官は懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。
スポンサーサイト

押尾学 初公判

初公判には、事件時に押尾学被告のいた部屋で亡くなっていた女性の父親も足を運び、報道陣の前で心境を語ったそうです。

合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反(使用)の罪で起訴された俳優・押尾学被告の初公判が東京地裁で行われた。

検察側は懲役1年6か月を求刑した。押尾被告は保釈時とは異なり、黒系のスーツに身を包んだものの白髪がかなり目立つ状態で出廷していた。

押尾学 ホステス

合成麻薬のMDMAを服用したとして、麻薬取締法違反の罪で俳優の
被告(31)が起訴された事件で、マンションで一緒にMDMAを服用したとみられるホステスの女性(30)が死亡した経緯をめぐり、警視庁捜査1課が処置に違法性があった疑いがあるとみていることがわかりました。本格捜査に乗り出しました。

捜査関係者が明らかにした。女性の異変から通報までに約3時間が経過していること、遺族の処罰感情などを踏まえた判断らしいです。

異変から通報まで約3時間が経過するなど一連の対応によって、女性の生死が左右された疑いがあるんだって。
それに証拠隠滅の疑いもだって。



押尾学関連商品はこちら

押尾学 被告 保釈決定

合成麻薬MDMAを使用したとして、麻薬取締法違反罪に問われた
俳優、被告(31)について、東京地裁は28日、保釈保証金は400万円で保釈を決定した

起訴状によると、押尾被告は今月2日、東京都港区のマンションで、MDMAの錠剤少量を飲んだとされる。



押尾学

押尾学 被告 保釈申請

合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反(使用)罪で起訴された
俳優、被告(31)の弁護人は26日、東京地裁に保釈を申請した。
 起訴状によると、押尾被告は2日ごろ、東京都港区の六本木ヒルズのマンションで、若干量のMDMAを飲んだとされる。捜査関係者によると、「違法なものと思っていた」と起訴内容を認めているという。 


押尾学
情報メモ」の先頭へ
フリーエリア


リンク
お気に入り
My Yahoo!に追加 Add to Google テクノラティのお気に入りに追加する
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング

lalakikilala

Author:lalakikilala
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
お気に入りを探す

↓商品を探したいときはこちらからどうぞ↓





最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。